引越し前には原状回復工事で部屋の状態を元通りにする

賃貸を退去後の修復

メンズ

賃貸アパートなどに入居し退去する際、入居者は原状回復を行う必要がある。現状回復は、入居前の状態に戻して返却することであり、通常は個人で原状回復工事を依頼するのではなく、管理会社や大家さんが行う。原状回復については、経年劣化や日常生活を普通に行う上での劣化については対象とされていない。その為、どこまでが原状回復義務を負う必要があるものかでもめるケースもある。原状回復工事を行う場合には、管理会社などは業者を選定して回復工事を行ってもらうことになる。この場合、工事業者の選定では、より費用を抑えながらスピード感を持って対応してもらえることが重要となっている。その為、これらを満たす業者が特に利用されている。

原状回復工事は、次の入居者が入りやすくするように元の良い状態に戻すための工事である。その為、管理会社などでは退去者が退去した後、素早く工事を行うことが必要になる。退去後、工事に期間がかかってしまうと、その間次の入居者を入れることができない。入居者が入っていない期間は、大家さんにとってはその部屋から収入を得ることができなくなるため、できるだけ早くの対応が重要となっている。また、修復に関わる費用面も重視される傾向がある。原状回復工事については、内容によっては大家さん側の負担で修理することもある。これらの修理については、できるだけコストを抑えて修理したいというケースが多くなる。その為、費用面も重視される傾向がある。