引越し前には原状回復工事で部屋の状態を元通りにする

引越しをするときに

作業員

どこまで戻すのか

現状復帰は原状復帰と書かれることもあります。また、建築業界では原状復帰と書かれ、また法律的には原状回復と書かれます。ただし、これらはすべて同じように使われることもあり、用語が違っても内容はほとんど変わらないため区別をせずに説明します。現状復帰は入居したての頃に戻すことといわれることがありますが、実際は経年劣化や通常の使用での傷みなどは貸主の負担で修理することを言います。例えば日焼けによる畳やふすまなどの色落ちは貸主が修繕し、手入れを怠ってカビが生えた風呂場や洗面所などは借主が修復します。どちらが費用負担すべきか争いがあるときは国土交通省が経年劣化に関するガイドラインを出しているのでそれを参考に判断されることが多いです。しかし、ガイドラインはあくまで参考程度にしかなりません。また入居時の貸主との契約で別に取り決めがされていることもあるため、注意しておきましょう。

気を付けるべきこと

基本的に、生活の中で劣化してしまったものに関しては貸主が原状復帰費用を出します。しかし、水漏れなどを放置し、シミができた場合や台所の汚れなどは借主が費用を負担しないといけない場合があります。なぜかというと、日頃から清掃をしておけば汚れや劣化は防げるからです。また、万が一原状復帰での費用を請求された場合には、どのくらい費用がかかるのか計算をしてもらうことができます。無料で査定を行なっている不動産会社もあるので、気軽に相談してみましょう。