引越し前には原状回復工事で部屋の状態を元通りにする

賃貸を退去後の修復

メンズ

賃貸アパートなどでは、入居者が退去後、元の状態に戻すための原状回復工事が行われる。原状回復工事では、費用とスピードが重要になる。特に、次の入居者を早く入れるため、原状回復工事ではスピード感は重視される傾向が強い。

詳細を確認する

引越しをするときに

作業員

現状復帰は経年劣化や通常の使用による傷みなどを差し引いた、主に借主に落ち度がある汚れや傷みを修繕することです。一般的にはこのように説明されますが、契約内容によってどこまで復帰させる必要があるかが異なります。そのため、トラブルなく現状復帰させるには入居時から気を付けたほうが良いです。

詳細を確認する

賃貸物件から引っ越す前に

ガッツポーズ

民法の規定に基づく

原状回復工事は、民法に規定されている原状回復義務を果たすために行われます。マンションやアパートの部屋を借りたり、戸建て住宅を借りたりする場合には、借りる人と大家との間で賃貸契約書を作成します。この賃貸契約書のなかにも、部屋を借りた人が退去するときに、借りる前の状態に戻さなくてはならないという原状回復についての規定が盛り込まれているケースがほとんどです。そのため、賃貸物件から出ていくときに、自分の不注意で部屋の床や壁などにダメージを与えてしまった箇所などがある場合に、工務店やリフォーム店に頼んで工事を行います。原状回復工事は、大家や管理会社が工事を行ってから、その費用の一部を借りていた人が負担する方法と部屋を借りていた人が自分で業者に依頼して原状回復工事を行う方法とがあります。

ガイドラインを参考に

原状回復工事は、一般的なリフォーム工事や修繕工事と異なり、あくまで以前の状態に戻すために行われる工事である点に特色があります。通常のリフォーム工事は、壊れてしまった箇所を修繕したり、今までよりも利用しやすくするのが目的ですが、原状回復工事は以前より使いやすくしたり、見栄えがよくしたりするのが目的ではありません。借家やアパート、マンションなどの部屋を入居前の状態に戻すために行われることを覚えておきましょう。そのため、入居前の壁紙よりも高価な壁紙に張り替える必要はありませんし、畳の交換や床板の張替えなども必要ありません。どこまで原状回復工事を行えばよいかについては、各都道府県の消費者センターや消費者庁が発表しているガイドラインを参考にすることができます。

退去時に必要

空き部屋

住んでいた賃貸物件から、お引越しをするときには現状回復をしなければなりません。入居した時と同じような状態に戻すことが必要になるのです。しかし、どこまで綺麗にしなければならないのか迷うこともあるので、入居前に確認しておいた方が無難です。

詳細を確認する